臭いパンツの原因の一つは、「恥垢(チンカス)」のニオイ。原因と対策

「恥垢」対策で股間や性器からパンツへ移る臭いニオイを減らそう!

臭い,パンツ,恥垢,チンカス,対策

パンツの臭いニオイの元は汗や尿だけではありません。当然ですが、股間や性器そのもののニオイも関係します。性器が臭う大きな原因の一つは「恥垢(ちこう)」、性器の包皮の内側に溜まっている白っぽい物質、いわゆる「チンカス」です。

 

 

 

恥垢(チンカス)のニオイを抑えるには

臭い,パンツ,恥垢,チンカス,対策

恥垢(チンカス)は、亀頭の皮脂腺から出る分泌物や、精液や尿などが乾燥して固ったもので、包皮の内側に溜まって強烈に臭いニオイを発します。特に、包茎の人は陰茎が包皮に覆われている分、恥垢が溜まりやすく、ニオイもひどくなります。このニオイもパンツに移りますが、これは「ヌーラ」に限らずどんな消臭スプレーでも消せません。

 

この恥垢によるニオイを抑えるには、この方法しかありません。

 

毎日性器を洗って清潔にする!

 

洗うことの具体的な目的はこの2点です。

恥垢そのものを取り除く。

股間や性器の細菌やカビの繁殖を抑える。

これによって、性器や股間そのものニオイ、そしてパンツのニオイ対策になるのはもちろん、病気の予防にもなります。

 

洗うときは丹念にそして優しく

臭い,パンツ,恥垢,チンカス,対策

恥垢のニオイやはり恥垢を洗い落とすのが一番効果的です。入浴したときは念入りに洗いましょう。包茎の人は包皮をしっかり剥いて、包皮に覆われていた部分、そして包皮の裏側もしっかりと洗うようにしてください。包茎でない人は、恥垢は自然に剥がれ落ちて溜まりにくいですが、亀頭の(カリ首)の裏の包皮が弛んでいるところに潜んでいる場合があるので油断なきように。

 

ただ、性器は皮膚が薄く敏感な部分なので刺激に弱く傷つきやすいところです。亀頭などに傷がつくと細菌やカビが感染して病気になる可能性があるので、傷をつけないように、タオルなどで擦らず、素手で石鹸を泡立ててに優しく洗うことがポイントです。また石鹸の流し残しがあると恥垢の原因になるので、完全に洗い落とすようにしてください。

 

しかし、いくら恥垢をきれいに洗い落としても、人によっては半日もしないうちに溜まってきます。入浴時だけでなく、合い間をみてトイレなどで小まめにウエットティッシュで拭くようにするとニオイ対策には有効です。

 

恥垢には細菌やカビを繁殖

臭い,パンツ,恥垢,チンカス,対策

細菌やカビなどの菌は、空気中や身の回りには多く存在していますが、人間の肌の上も例外ではありません。全てが悪い菌ではありませんが、体臭や病気の原因になったりします。その細菌やカビは高温多湿の環境で繁殖します。恥垢が溜まる包皮の内部も外気に触れず、体温や汗や尿の湿気によって、細菌やカビ(真菌)の繁殖のしやすい部分で、恥垢がその温床となります。

 

細菌やカビが増えるとさらにニオイがきつくなりますし、恥垢自体の量も増えます。場合によっては、亀頭包皮炎や性器ガンジダ症といった病気を引き起こす原因にもなります(特に包茎の人)。

 

性器や股間部分の細菌やカビの繁殖を抑えることも、性器や恥垢のニオイ対策になります。風通しのよいパンツを履くなどして、股間を蒸れさせないことも大切ですが、入浴の際に、抗カビや殺菌効果のある石鹸で、性器や股間を洗うのが、恥垢の除去とあわせて一石二鳥です。

 

 

臭い,パンツ,恥垢,チンカス,対策

抗カビ、殺菌成分入りの石鹸は、持田ヘルスケアの「コラージュフルフル石鹸」がおすすめです。日本初の、カビの増殖を抑える抗カビ(抗真菌)成分ミコナゾール硝酸塩と殺菌成分トリクロサンを配合した石鹸(ボディーソープ)です。低刺激で泡立ちもよくて使いやすいです。もちろん全身に使えるので、体臭予防にもなります。

 

全身洗いに向いている液体石鹸と部分洗い向きの泡石鹸の2種類があります。

臭い,パンツ,恥垢,チンカス,対策

店頭になければ、下記サイトで通販できます。

 

コラージュフルフル石鹸の通販はこちら。

 

異変に気づいたら早めに病院へ

臭い,パンツ,恥垢,チンカス,対策

恥垢が増えたり、ニオイがきつくなることは、季節の変化や、加齢、体調などによってありえますが、痒みや亀頭や包皮の腫れなどが自覚症状を伴っている場合は、病気に感染している可能性があるので、泌尿器科や皮膚科で診察してもらってください。

 

 

臭いパンツのニオイ対策は、パンツに付いたニオイと性器や股間のニオイ、両方から責めるのが効果的です。

 

 

臭い,パンツ,恥垢,チンカス,対策